Untitled

9月 30
“453 :名無しさん@おーぷん :2014/09/17(水)16:57:19 ID:???
高校時代の話を。

高校が山の上にあって、駅から市営バスでバス通学だった。
秋のうす暗い雨の日、体調崩して早退して帰りのバスに乗ってたんだけど、
変な時間のせいか、車内は私1人。
雨の音は激しくて、窓を叩く音が車内にも聞こえてくる。

そんな道中、駅までのルートの途中にある大きな墓地でバスが止まったんだよね。
扉が開いても、誰も乗ってくる気配もない。
しばらくして運転手さんが、「乗らないんですか~」ってマイクで言って、それから扉が閉まった。

でも周囲のどこを見回しても、待ってる人は見えなかった。
ただ雨に濡れる墓地の大きな門と、柵の隙間からこぼれるように咲く彼岸花の血のような赤だけが見える。

えっ、と思った後、背筋がゾーーっとしたのがスレタイ。

その後卒業を迎え、もうこのバス乗るのも最後だなーと、いつも通学ルートを運転してた
馴染みの運転手さん(上記の時もこの人)に「お世話になりました」と挨拶したら、

「こちらこそ、ご利用ありがとう。新生活頑張ってね。前はからかってごめんね」
と言われたのもスレタイ。”
3年間ありがとうございました - コピペ運動会 (via junmyk)

(poochinから)


君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる
衝撃的だった、または感銘を受けた歌詞:哲学ニュースnwk (via sqiz)

(poochinから)




Utagawa Hiroshige

Utagawa Hiroshige (1797 – 1858), also Andō Hiroshige was a Japanese ukiyo-e artist, considered the last great master of that tradition.

Hiroshige is best known for his landscapes, such as the series The Fifty-three Stations of the Tōkaidō and The Sixty-nine Stations of the Kiso Kaidō; and for his depictions of birds and flowers. The subjects of his work were atypical of the ukiyo-e genre, whose typical focus was on beautiful women, popular actors, and other scenes of the urban pleasure districts of Japan’s Edo period (1603–1868). The popular Thirty-six Views of Mount Fuji series by Hokusai was a strong influence on Hiroshige’s choice of subject, though Hiroshige’s approach was more poetic and ambient than Hokusai’s bolder, more formal prints.

For scholars and collectors, Hiroshige’s death marked the beginning of a rapid decline in the ukiyo-e genre, especially in the face of the westernization that followed the Meiji Restoration of 1868. Hiroshige’s work came to have a marked influence on Western painting towards the close of the 19th century as a part of the trend in Japonism. Western artists closely studied Hiroshige’s compositions, and some, such as van Gogh, painted copies of Hiroshige’s prints.

(zaigaから)





youdontevenliftt:

WHAT THE FUCK ARE CATS

youdontevenliftt:

WHAT THE FUCK ARE CATS

(athsearから)


“ラストシーンでシンジがアスカの首を絞めているところにスクリーンの横にあるドアが突然開き中から掃除のオバちゃんが登場、まだ出番ではないことを悟り「あらごめんなさい」と言ってドアの中に消えていき終劇、その後客席で「あれも庵野の演出では」と言い出す者が出始めたのが旧劇場版の思い出です。” 嘘の息子覚書控え (via kanabow)

(zaigaから)


ページ 1 / 6578